書の光

デザイン書道家 武田燈泉のブログです。

2018年01月

IMG_4921

友人からの依頼で命名書を書かせていただきました。



虎柄を入れて欲しいというオーダーと、

友人であるパパがサッカー好きなので、

いかにもじゃない虎柄で

ボールをイメージした背景を入れました。




文字はきりっと凛々しく。

元気に育って欲しいという

パパからの想いを込めて。

IMG_4918


デザイン書道家
武田 燈泉


空想の商品やサービスを筆文字にしたサンプル「フィク書ン」。

今回は… 
fiction8


「カラダほっとあたたまる、ぴりっと辛いキャンディ。」

という設定で書きました。


 
デザイン書道家
武田 燈泉


昨日は今年2回目の書き初めワークショップを開催しました。

IMG_4893

会社の同僚とそのお友達、
そして大学時代の先輩のご友人が
Facebookを通じてご興味を持ってご参加くださいました。

IMG_4894

みなさま、お越しいただきありがとうございました!!
今年の書き初めはこれでおしまい。
また来年よろしくお願いします。



デザイン書道家
武田 燈泉


会社で何気なくいただいた、お土産の最中。
image

「いい字だなぁ」と思い調べてみたら、

何と相田みつをさんの文字とのこと。(たぶん)


私は若い頃、生活のために、商店の包装紙のデザインや宣伝文を作る仕事をやっておりました。
家にいたのでは仕事はきませんからあちこち注文取りに歩きました。
香雲堂さんに行った時のことです。ご主人が自分の店の包装紙を私に見せて、
「これよりいいものを作る自信がありますか?」と聞くんです。私は即答しました。
「自信は少しもありませんが、うぬぼれだけはいっぱいあります。」
するとご主人は、「ほう、あんたはおもしろい、頼もう!!」ということになりました。

私は一生懸命に包装紙をデザインし、栞のことばを考えて書きました。
現在見ると大変恥ずかしいものですが、このことばは、包装紙と共にいまだに使ってくれております。おかげさまです。
(相田みつをさんのお言葉を引用)

(包装紙とあるので、箱の外だけでなく個包装もですよね?)



実はこのエピソードは、以前友人から聞いていたので

何だか繋がった感じがしたのと、

改めて書を見て相田みつをさんの凄さを実感しました。

「いい字だな」と思っていただけるような字を

多く書いていけたらいいな。

そのためにはやっぱり営業ですね。



最中はもちろん、大変美味しゅうございました。

こちらの最中の和菓子屋さんはこちら ≫ 香雲堂本店HP
箱やしおりの写真も掲載されています。


デザイン書道家
武田 燈泉


昨日、書き初めワークショップをしました。


先輩家族やお友達、同僚と多くの方に参加いただいて、書道を楽しんでいただきました。


年始の抱負を書いて和紙やシールでデコレーションしてます。


お部屋に飾って抱負を実現していただけるとより嬉しいです♡


#shodo #calligraphy #japanesecalligraphy #書道 #書 #japaneseart #sumi #japan #kanji #typography #筆文字 #書き初め



デザイン書道家

武田 燈泉

↑このページのトップヘ